RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
暑い!
最近、毎度お久しぶりです、、みなさん、お元気ですか?懲りにずにこちらをチェックしてくださりありがとうございます。前回blogを書いたのもいつのことやら、、もはや覚えていません(笑)

いつの間にか夏になり、今年も下半期あっという間なんじゃないかと、少々焦るような気持ちもありつつ、日々色々と取り組んでいます。

blogを書いていなかった間、青森・京都・広島・大阪・仙台・高岡などなど飛び回り、首都圏でも多くのコンサートがありました。ホームページでご案内しているのは公のコンサートで、それ以外にもチャリティや式典でのコンサートなど多数あります。月末も京都です!が、これも某表彰式でのリサイタル。。


9月28日(月)に東京・杉並公会堂で毎年恒例のリサイタルを開催させていただきます。今年はこちらの大ホールも5回目となり、コンチェルト・リサイタルを行います。井上喜惟(ひさよし)氏指揮、ジャパンシンフォニアの皆さんと、クロアチアの女性作曲家ドラ・ペヤチェヴィッチのピアノ協奏曲日本初演を含め、協奏曲を3曲演奏致しますので、この無謀な挑戦をぜひ応援に来てください!練習より体力作りを頑張っているほどですが、、(笑)とても楽しみです。






それから、お知らせが遅れましたが、6月には日本経済新聞(全国版)で紹介されました。ご覧くださった方もおられることと思います。





9月上旬にはクロアチアへ行きます。今年生誕130年を迎えるクロアチア初の女性作曲家ドラ・ペヤチェヴィッチの、まさに130回目の誕生日である9/10にドラのゆかりの地ナシツェに招かれており、生誕130年フェスティバルでペヤチェヴィッチのピアノ協奏曲をオシエク国立管弦楽団と演奏致します。ペヤチェヴィッチ伯爵邸をバックに野外ステージの予定で、現地では30年ぶりの再演となるのですが、こんな重要な公演で、ピアニストはクロアチア人でなくてもいいのか、、と思っているのですが、「ぜひトモヒロに弾いてほしい!」という連絡を昨年末に頂きまして、ありがたく、とても責任ある大役ですが務めさせていただきます。とても楽しみです!
9/17には首都ザグレブで最大の美術館である、ミマラ美術館コンサートホールでリサイタルも開催致しますので、たまたまクロアチアにいるかもー!な方はぜひいらしてくださいね!

安達朋博オフィシャルサイト
http://tomohiroadachi.com
author:安達朋博, category:-, 17:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
寒いですね〜


皆さま、お元気ですか?
相変わらず寒いですね〜…

毎日なんやかんやと、もはや練習する時間がないほど、
バタバタのバタ男になっとります…。
写真はベルギーのチョコレート・ビール
ほんとにチョコレートの香りの美味しいビールでした〜♪

というわけで、
2/20は日本クロアチア音楽協会第3回例会、
ドラ・ペヤチェヴィッチ生誕130年記念コンサートです。
元ウィーン国立歌劇場専属歌手のソプラノ佐々木典子さん、
国際的ヴァイオリニストの礒絵里子さんがご出演下さいます!
コンサート詳細はオフィシャルサイトを見てください!
安達朋博 オフィシャルサイト



author:安達朋博, category:-, 23:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
明けましておめでとうございます♪
2015年になりました。
明けましておめでとうございます♪

皆さまの、ご多幸とご健勝をお祈り致しております。

ピアニストを続けてこられ、今年もピアニストとしてご挨拶できることに、日頃ご声援下さいます皆さま方へ感謝致しております。どうぞ今年も宜しくお願い致します!




写真は、クロアチアの北アドリア海にある、セニという歴史ある小さな町の港。
ただこれは、日の出ではなく夕焼けです...


新年の初夢は、
オーケストラとの共演でラヴェルのピアノ協奏曲、でもなぜか譜読みすら終わっておらず楽譜見ながらでもろくに弾けないまま本番当日を迎えてしまう、というとんでもない夢に焦りを感じ、今年新しく披露する曲の譜読みをせっせと始めて新年過ごしています♪

今週中にコンサート情報も公式サイトに公表されると思いますので、ぜひ今年も皆様のスケジュールに安達朋博コンサートを加えてください♪

3月1日は久しぶりに故郷(京丹後)へ、毎年恒例の地元リサイタルを開きます。3/29は東京渋谷のライヴハウスJZBratで、音楽プロデューサーのみつとみ敏郎さんとアメリカン現代音楽コンサートで、現代音楽のパイオニアであるアイヴスのコンコードソナタなどを弾きます。日本クロアチア音楽協会の例会も2月20日と5月14日に決まっていますし、秋には毎年恒例の杉並公会堂大ホールリサイタル、大好評中の「安達朋博と行くクロアチアツアー」の第3弾を開催致します!


安達朋博オフィシャルサイト
http://tomohiroadachi.com
author:安達朋博, category:-, 10:20
comments(1), trackbacks(0), pookmark
おぴさしぶりです
またまたお久しぶりですが、
皆様、お元気ですか?

日本クロアチア音楽協会を設立して以降、ピアノの演奏以外にも様々な業務も山積みで、日々激しく過ごしており、やや疲れぎみですが、お陰さまであちらこちら演奏しに行かせて頂いています♪

毎年続けさせて頂いている杉並公会堂大ホールリサイタルも、今年もお陰さまで、締め切りの舞台後方席以外ほぼ満員御礼。本当にありがとうございました!


その後、「第2回 安達朋博と行くクロアチアの旅」を開催。とても素晴らしい旅になりました!
旅の模様はオフィシャルサイトで近日ご紹介致します♪

クロアチアではリサイタルをリエカ市とナシツェ市で開催。特にナシツェは女性作曲家ドラ・ペヤチェヴィッチのゆかりの地です。昨年は没後90年のオフィシャルイベントでリサイタルを開催しましたが、今年は生誕130年(来年)のプレイヤーイベントでのリサイタル開催。ドラ・ペヤチェヴィッチ・メモリアルの公式イベントに2年連続でお招き頂きました。そして、ドラ・ペヤチェヴィッチ・メモリアルと日本クロアチア音楽協会の協力協定に調印し、長年のクロアチア作品の普及活動に対して、外国人音楽家として初めての功労表彰状も頂きました。日頃ご支援くださいます皆様へ感謝しています。


とにかく!簡単には書ききれないので〜、今月中にはオフィシャルサイトで旅の模様をご紹介致します。またぜひ、覗いてみてください♪来年も第3回安達朋博と行くクロアチアの旅が9月に開催されますので、皆様ご予定ください!

年内は主要なものはあと15公演ほどですが、最新コンサート情報もオフィシャルサイトで随時公開されますので、ご覧ください!

安達朋博オフィシャルホームページ
http://tomohiroadachi.com
author:安達朋博, category:-, 16:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
お久しぶりです!
みなさま、こんにちは。
お元気にお過ごしでいらっしゃいますか?

ブログもホームページも更新が止まってしまいまして、多くのかたから「生きてる?」と連絡を頂きましたが、残念ながらしぶとく生きております。。(笑)

前回の更新は2月だったでしょうか。
活動の最新情報やコンサートレビューはオフィシャルサイトで近日公開致しますが、ここ数ヵ月のようすを簡単にご報告致します。


3月は毎年の小ホールリサイタルが東京・大阪・京都であり、その他お子さま向けのコンサートもありましたが、3月末には紀尾井ホールでベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を演奏致しました。みなさま、ありがとうございました。


その後、すぐにオーストラリアはシドニーへ、世界的画家チャールズ・ビリッチ氏からの招きで彼の素晴らしい美術館でリサイタルを開催。右手前の派手な人(笑)がチャールズです。


なんともファンタジーな空間。満員のお客様、クロアチア領事、ジャーナリスト、テレビ・ラジオ報道関係者がお集まりくださいました。


その後、バタバタと帰国し、雑誌の取材などキツキツスケジュールのまま、今度は京都へ、京丹後市立弥栄小学校の校歌を作曲しましたので、開校式に出席。記念品とパシャリ。顔がすでにくたびれています(笑)


その後、帰京し東西を行ったり来たり、会員制のクローズド公演が2日に1回ペースで4/19まで続きまして、4/20から台湾へ!

台湾一番人気ピアニスト、エリック・チェンとの2台ピアノリサイタルツアー。到着していきなり合わせ練習。そして、まずは花蓮公演。800席チケット完売の主催者もびっくり公演。


そして、台北公演。 台北は由緒ある、"台湾国立リサイタルホール" 満員のお客様の大歓声に感激しました。


4/30に帰国し、バタバタと次の準備をしながら、聖女学園でのコンサートもあり、クロアチアから友人ピアニスト、ゴーラン・フィリペッツが来日、クロアチア大使館での彼のリサイタルで連弾。ゴーランとワインでまったり。行儀悪い?


クロアチアハートフルカフェでのピアノパフォーマンスなどがありつつ次の準備、5/21には、先日設立致しました日本クロアチア音楽協会の発足記念コンサート。スペシャルゲストに、オペラ歌手 中丸三千繪さんをお迎えしクンツの歌曲を、江口有香さんにはペヤチェヴィッチのヴァイオリンソナタを演奏して頂き、満席のお客様から大変な好評を頂きました。ありがとうございました!


先日(6/19)は、紀尾井ホールでの中丸三千繪さんのリサイタルで伴奏をさせて頂きました。物凄いプログラムでしたが、一音一音とても心に残る演奏会で数日たった今でも興奮しています。クロアチアのクンツの歌曲をプログラムに取り入れて下さったことも大感謝しています!本当にありがとうございました!

そして(6/21)、都内でいつも応援してくださる、ラ・フォンタナ・ダモーレ(女声アンサンブル)の皆様のコンサートで、日頃の感謝の気持ちを込め、皆様の伴奏とピアノソロでペヤチェヴィッチのピアノ曲集「花の一生」を演奏致しました。ありがとうございました!


駆け足すぎますが、大まかな出来事です。改めてホームページのトピックスでレビューを掲載したいと思います。コンサートもたくさんありますので、また近日中に最新情報をアップしていただきますので、少々お待ちください。

それから!皆様、一緒にクロアチアへ行きましょう!どなたでもご参加いただけますので、お早めにお申し込みください。9/18から9/26です!

author:安達朋博, category:-, 14:15
comments(1), trackbacks(0), pookmark